« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

第7回大阪国際室内楽コンクール

リーダーです。


ちょいと時間が経ってしまいましたが、先週
の金曜日に有休を取って大阪国際室内楽コン
クールの二次予選を聴きに行って来ました。


このレベルのコンクールを聴きに行くのは初
めてだったので、とっても楽しみにしていた
のですが…、現代曲は難しい!!


免疫はある方だと思っていたのですが。


そんな中でも、フランスのモーフィン・クァ
ルテットはめっちゃ上手かったです。
ハバネラの再来かと思うくらい。
最高に男前やし。


しかし、ヨーロッパの団体ってなんであんな
繊細な事ができるのでしょうかね。
一体感はもちろんのこと、表現が自然で崩れ
る事がない。


金管五重奏は課題曲がめっちゃいい曲だった
事もあり、目当てのサックスカルテットより
も楽しんで聴けたかもしれません。
最後のイン・メディアス金管五重奏団が素晴
らしかったです。


後でNっちゃんに聞いたところ、アーノルド
の「金管五重奏曲」、エワイゼンの「コルチ
ェスター・ファンタジー」共に大好きな曲と
のこと。是非 PBQ でやって欲しいな。


昨年末からここ最近まで激務が続いていたの
で、いい気晴らしになりました。


昨日の本選はどうやったんかな?


110520_1838411

| | コメント (5) | トラックバック (0)

明日に向かって

リーダーです。


6月18日の本番をもって、現メンバーでの活動

が最後となりました。


結成から 2 年と 9ヶ月、数字にしてしまうと

短いですが、あっという間でもあり、何十年

も一緒にやってきたようでもあり、不思議な

感じがしています。


北文化会館でのイベントから始まり、音やさ

んでのライブ、けいはんな記念公園での水景

園コンサート、嵐山音楽祭、ムラタホールで

のリレーコンサート、地下鉄駅構内でのサブ

ウェイパフォーマー、弥生文化博物館でのコ

ンサート、そしてなんと言っても PBQ さんと

の情熱コンサートまで、年間平均 5 回以上の

本番。

あらためて思いおこしてみるといろんな事が

あったんやなぁと。

よくぞここまで突っ走ってこれたと思います。


僕自身、人とのコミュニケーション、自分の

想いを伝える事が苦手ですので、色々と苦労

をかけたと思います。

でも…、楽しかったやんね!?


このメンバーで良かった。


温かく見守っていて頂いた皆様、本当に感謝

しております。

あともう少しだけ応援してください。


結成メンバーでの最後の本番まであと 1ヶ月、

最高の状態で迎えられるように頑張りましょう。



7 月以降の活動は全くの白紙状態ですが、

2 名の欠員を募集して活動を継続することに

なると思います。

興味のある方は、こちらまでご連絡ください。


前を向いて頑張って生きたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

えぇ天気!

いろんなことに振り回され

若干5月病っぽかったのですが

昨日も今日も、いい天気。

グランドにお弁当届けたついでに

野球の練習を眺めて

のどかやな~とボヘーーー。

こうして普通の生活が出来てることが

すごくありがたいな~と思えリフレッシュ。

201105141054000

太陽の光をいっぱい浴びて

体も心も大きくな~れ!と

心の中で応援しつつ

私は黄砂にやられてるのでしたっ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初めて

今年初めて
今年初めて
今年初めて
自分の家族の子供の日と母の日を迎えました。
あまり実感がなかったんですが、嫁ともうすぐ一歳の娘が保育園で作ってきた鯉のぼり羿を見て、感慨深いものを感じました。

去年まで義母に送っていたお花は、今年から嫁に送りました。

嫁さんには感謝してもしきれません。母は凄いですね!
新しい家族が増えて、生活がガラっと変わったバリサク家ですが、家庭みんなが健康でいれる事を願いつつ毎日を楽しく過ごしたいです。

バリサクの男

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結果報告

娘、

本日楽器を決めるオーディション

受けてきましたよw

金管のマウスピースを

いたく気に入っていたのに

ずいぶん心変わりしたらしく

サックスで受け無事合格!(?)したそうです。

けどさぁぁぁ

3人合格したのに

学校の楽器が1台しか余っないんやて。

アルトになるのか

テナーになるのか

そのあたりはこれかららしいが、

楽器が無いって致命傷。

部活の運営、どうなってゆくのでしょうか。

うちの家計、どうなってゆくのでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »